五戸美樹の「生まれ変わったら鈴木愛理さんになりたい」―℃-ute新春コンサート―

五戸美樹の「生まれ変わったら鈴木愛理さんになりたい」

―℃-ute新春コンサート―

HUSTLE PRESSでハロプロ関連のライブレポートを書いております、フリーアナウンサーの五戸美樹(ごのへみき)です。

アイドルが憧れるアイドル・℃-ute。今年6月に行うさいたまスーパーアリーナ公演をもって解散すること、そして℃-uteの活動に専念するため今年冬のハロプロのコンサートには出演しないことを、昨年までに発表していました。ハロプロのコンサートに℃-uteがいない寂しさを感じながらも、ハロコンに出ないことで実現した、初めての単独新春コンサートは、とても大事で、楽しみなものでした。

そんな最初で最後の新春コンサートでは、ラストMCで大きな発表がありました。“解散コンサート”の日程が6月12日(月)と発表されたんです。その他解散までの日程が次々に明らかになりました。

“発表ごと”に注目がいきがちですが、公演自体も素晴らしいものでした。ぜひ中身もお伝えしたい!ということで今回は「℃-ute新春コンサート2017 ~℃OMPASS(コンパス)~」@中野サンプラザのライブレポートです!

 


 

―振袖にこたつ!新春スペシャル!―

本公演は、昨年秋に行われた「℃-uteコンサートツアー2016秋 ~℃OMPASS~」のアンコール公演。秋ツアーではパジャマ姿で登場し、朝起きてから旅の準備を整えるまでを、ダンスと衣装替えで表現するオープニングがとても印象的でしたが、今回はそのオープニングが全て新春スペシャルバージョンになっていました。これは新鮮!

まず、ハロプロ研修生が障子紙をステージに持ってくると、その後ろに隠れていた℃-uteが振袖姿で登場!白いファーのついた振袖で、メンバーカラーの扇子を持ち、日本舞踊風のダンスを披露。

「あけおめ〜!」と叫ぶと、『超WONDERFUL!』がはじまりました!ステージにはこたつが出てきて、℃-uteは歌いながらこたつに入り、みかんを囲んでお茶を飲む!そのままこたつで寝転びながら、手を上げるダンス!かわいすぎます。「新春コンサートってそんなスペシャル演出があるのか!」と驚きました。そしてそんな状態でも歌がぶれないのがさすが。

こたつから出ると、会場にみかん形のボールを投げ、研修生はお雑煮のお椀を手に持ち、お餅を伸ばして食べるような振り付けで踊ります。

 


 

―今度は羽子板!―

そのまま℃-ute5人が手を重ね、『世界一HAPPYな女の子』へ。秋ツアーではシャワー扉を模した動く壁が出てきたところですが、今回は鏡餅や竹の描かれた壁が現れ、歌いながらその壁の中に入り、歌いながらお着替えです。振袖を脱いで、着物をたすき掛けしたような和風の衣装に変身!

研修生から矢島・岡井が羽子板、鈴木・萩原が羽、中島が筆を受け取って、『僕らの輝き』に。間奏は羽子板タイムとなり、矢島vs岡井で対決。勝負は矢島舞美ちゃんの勝ち!息つく間もなく、中島早貴ちゃんが筆で宙に落書きをすると、スクリーンの中で岡井千聖ちゃんの顔にその落書きが描かれ、スクリーンはその静止画に。

初めて見る℃-uteの演出に会場大興奮。その勢いのまま『いざ、進め! Steady go!』は「WOW WOW WOW WOW」「HAPPY!!」を思いっきりみんなで盛り上がります。

 


 

―さらに、書き初め!―

スクリーンの映像が、浮世絵風の富士山と江戸の街並みに切り替わると、『江戸の手毬唄Ⅱ』!秋ツアーではなかった曲で、シングル全曲歌った武道館でもサビしかなかったあの曲が、和装と浮世絵でぴったりの雰囲気になりました。

研修生が墨と紙を用意し、間奏で書き初めが行われます。鈴木「謹」、矢島「賀」、萩原「新」、岡井「年」。中島早貴ちゃんは、鶏らしきイラストを描き、おでんくん?といじられていました。書く字はジャンケンで決まったそうです。

ここで最初のMC。「あけましておめでとうございます!和テイスト、どうですか?」と尋ねると、会場から大歓声が起こりました。そして話題は『江戸の手毬唄Ⅱ』に。岡井「なんであの曲歌うと笑うの?」、鈴木「一番曲調にあった衣装」、岡井「この歌はもうこれで最後だね」、萩原「あと2回くらい歌いたい」、岡井「あと明日と大阪の2回じゃん」と笑いを誘いました。

冬ハロコンに℃-uteがいない寂しさ(昨年の夏ハロコンが突然最後になってしまった寂しさ)はありましたが、ハロコンは他に60人出演するため℃-uteの出演時間は短くなりますので、単独で、それもスペシャルバージョンを見られるのは貴重でありがたいと思いました。

 


 

―かわいすぎるキュート―

『愛はまるで静電気』は格別に可愛い。照明は虹色〜ピンクに。ただ、矢島舞美ちゃんは高音を出すのが辛そうで、ハスキーボイスに。最後のMCで語られたことですが、朝までは普通だったのに、ゲネプロ(直前リハーサル)から声が枯れてきてしまったそうです(お大事に・・・)。『キャンパスライフ〜生まれてきてよかった〜』の「スキ スキ スキ」は声が出ない分気持ちを込めて歌われていました。

鈴木愛理ちゃんにスポットライトが当たると、『青春ソング』の歌い出しをアカペラ・ソロで。会場が「フウ〜!」と盛り上げると、「自らこの手で」の高音が美しく響きわたります。メロディがはじまってからは全員で手を上げて「青春を歌おう」!背中のリボンを引っ張り合ったりするのが、まさに「自由なセンスで」遊び心が満載。

最高に明るい曲で、だからこそ、ふと、あと何回見られるんだろうと思ったら、泣けてきてしまいました。

 


 

―まことさん、なかさんに惹かれる―

ここで、ある方からメッセージが、というフリで、シャ乱Q・まことさんからのビデオメッセージ。バイオリン片手に1月4日の中野サンプラザの楽屋で撮られたもので、「℃-uteの印象は、産毛が生えている感じの子供でした。それが立派なレディになって。3年前、本屋さんで中島さんの写真集を見つけて…見たいけど買えないじゃないですか(岡井「表紙が裸だもんね」中島「裸じゃない!」)。本当のこと言うと、持ってきてほしかった。最近ではハロプロ運動会の司会を中島さんとしましたけども(萩原「中島さん推し!?」)、皆さんお疲れ様でした。」

℃-ute全員が「バイオリン弾かないんかーい」と総ツッコミ。ここで、岡井・中島・萩原の3人は着替えへ。矢島・鈴木の2人でトーク。「まことさんって菅谷梨沙子ちゃんが好きだったから…℃-uteはなっきぃだったんだね」などと話し、ふと愛理ちゃんが舞美ちゃんの鍛え抜かれた腹筋を触り、「今年初腹筋だね」と会場から歓声が。(舞美ちゃんは久しぶりのへそ出し衣装に少し照れた様子)

今度は着替え終えた岡井・中島・萩原の3人でトーク。まことさんのVTRを振り返り、岡井「『なかさん』(3rd写真集タイトル)はインパクトあったんだね。2冊3冊出す人は違うね」、萩原「舞、2冊目は制服だったけど」、岡井「私は2冊目出してないわ」と即興ショートコント。

着替え終えた矢島・鈴木が合流。まだ話そうとすると、研修生の前田こころちゃんが出てきて、“まき”を出して怒るポーズ。この日は19時スタートで最後の方まで研修生が出演する(21時までしか出られない)ので、時間がないんですね(でも仕事帰りだと19時スタートはありがたい)。

 


 

―℃-uteの真骨頂―

一気に雰囲気を変え、黒いワンピースで『夢幻クライマックス』。雨と雷の音からはじまります。℃-ute史上最高難度と言ってもいい、“カノン”に合わせて細かくずらすダンスが決まり、目が釘付けになります。

続いて、萩原舞ちゃんセンターで『涙も出ない 悲しくもない なんにもしたくない』。伸びた前髪をかきあげながら、セクシーに。舞ちゃんってこんなに色っぽくなったんだと驚かされる曲です。曲中に、光る柵のような小セットが現れ、柵をつたうようにしたり、くぐったり、セクシーな℃-uteの見せ場です。そして最高潮の盛り上がりで『Kiss me 愛してる』!

前半はキュート、後半はセクシー、両方の℃-uteが楽しめるセットリストで、℃-uteの真骨頂が発揮されました。

 


 

―ついつい長くなるMC―

再び着替えとMCタイム。今度は岡井・鈴木・中島の3人が残り、スクリーンに「年末年始の過ごし方」とお題が出ると、3人とも「初めてゆっくりした、今までカウントダウンが終わって、寝て起きたらハロコンだった」と語り、「よく頑張ってくれたよなぁ」とねぎらいの言葉をかけたくなります(ゆっくりしたと言っても、元日はカウントダウン明け、2日はリハ、休みは3日・4日だけ…!)。

着替えた矢島・萩原と交代。今度は黒いハットに、シルバーと黒のワンピース。全員着替えて再合流し、再び話し始めようとすると、前田こころちゃんが現れ、「本当に時間ないから!」と先輩を叱り、笑いが起こりました。

 


 

―ラストスパートは美しく!楽しく!―

『Singing〜あの頃のように〜』はスクリーンに歌詞が表示され、『幸せの途中』では星空の映像になり、キラキラした空間で、丁寧に優しく柔らかく、岡井千聖ちゃんがメンバーを見つめながら「十分な程 幸せなのよ」と歌います。

もう一度カッコイイ℃-uteに切り替え、『Love take it all』、『アダムとイブのジレンマ』。そしてワンピースから早着替えで、メンバーカラーの私服風衣装にチェンジ!

セットは大きなコンパスを模した、秋ツアーと同じもので、スクリーンに“コンパスの中身”が映ると、このツアーには欠かせない『ザ☆トレジャーボックス』でまた一気に盛り上がります!

中島早貴ちゃんセンターで、℃-uteの新定番曲『情熱エクスタシー』。クラップが楽しく、また間奏で堂々と歩くなっきぃがカッコイイ!矢島舞美ちゃんは声を枯らしながら「ハッピーニューイヤー!」と叫び、研修生も出てきて『Danceでバコーン!』。

『SHINES』は客席もみんなタオルをグルグル回し、会場=“チーム℃-ute”がひとつになりました。メンバーは幸せそうで楽しそうで、それを見ているこちらも幸せになります。ここで一旦終演。

 


 

―世界で一番可愛いニワトリ現る―

アンコールでは、ニワトリの着ぐるみ(つなぎ)で登場!『JUMP』で跳ねるフリを、手を羽のようにバタバタさせてジャンプ!かわいすぎる!そしてフードだけ取ってつなぎのまま『アイアンハート』!歌いながらフードを被せあったり、ふざけあったりするのを見るのも楽しい。セクシーもクールも、なんでもできる℃-uteだからこそ、それが決まるんだと思いました。ラストサビでキャノン砲が打ち上がり、これはメンバーにもサプライズだったようで、驚いた表情。

つなぎを脱いで、ライブTシャツに着替え、感想タイムへ。矢島舞美ちゃんは「こんな声で申しわけありません。助けてくれてありがとう」とメンバーに感謝を述べるとともに、「研修生が秋ツアーとは違うメンバー。(加賀楓ちゃんモーニング娘。加入のため)堀江葵月ちゃんがリハーサルまでがんばっていて、堀江がいれば大丈夫とまで言われていたのに、インフルエンザになってしまった。昨日今日で高瀬くるみちゃんが全部覚えてくれた。終わったら胴あげしよう」と驚きのエピソードが語られました。(確かにマスコミ用の資料には「堀江」と書いてありましたが冒頭から高瀬で、完璧だったのでなんの違和感もありませんでした)

 


 

―解散日発表―

ここからお知らせへ。
・℃-uteのラストシングルの発売日が決定。3月22日。トリプルA面シングル。
・春ツアー決定。タイトルは「℃-uteコンサートツアー2017春〜℃elebration(セレブレーション)〜」。明るい門出にしたいとコメント。
・さいたまスーパーアリーナの日程決定。

さいたまスーパーアリーナについては岡井千聖ちゃんから「今からスクリーンに映りますので、目を開けて見てください」と会場を笑わせると、「6月12日」と表示され、「ええ!?」と驚きの声が上がります。続いて岡井ちゃんは「これには深い意味がありまして、私たち℃-uteは6月11日が結成日なんですけど、6月12日、私たちの新たな一歩ということで、その日を皆さんと迎えたいということで、6月12日にさせていただきました。平日ではあるんですけど、ぜひ、会社の方と話し合っていただいて(笑)」、鈴木「私たちのこと全面的に言っていいんで」、中島「全面的には言えないでしょ!」、岡井「どうぞ皆さんよろしくお願いします!」という発表でした。

さらに萩原舞ちゃんからもうひとつお知らせ。
・6月11日の結成記念日は、グランドプリンスホテル新高輪・飛天の間でイベントを行う。
以上のことが発表になりました。

ラストは、℃-uteが5人になった時にも歌ったバラード『夢があるから』で、しっとりと終演となりました。

 


 

―所感―

解散までの日程が次々に明らかになり、動揺してしまいました。6月のさいたまスーパーアリーナ公演をもって解散、というところまでは去年告知されており、てっきり結成日の6月11日(日)に行うものだとばかり思っていたので、6月12日(月)という発表には、正直私も驚きました。スタート時間が遅いことを祈ります…。

でもここは、“チーム℃-ute”が力を合わせて、さいたまスーパーアリーナを埋めなければなりませんね!

6月12日ということで、解散までは半年を切るどころか、もう約5ヶ月。今回の新春コンサートは、秋ツアーのアンコール公演でしたが、衣装も演出も様変わりしてとても楽しく、素晴らしかった。全員目立つ曲のあるセットリストも良かった。だからこそ、本当に解散しちゃうのかな…と何か信じられないような気持ちになりましたが、℃-uteはもう解散に向けてのラストスパートを走り出していて、それに必死についていかないといけないんだと感じました。

解散コンサートを行わないグループもあるわけですから、解散コンサートをやってくれることに感謝、そしてここまで頑張ってくれたことに感謝感謝です。それでも、やっぱり、もっと見てたいんだよなぁ・・・(泣)。

 


 

■「℃-uteコンサートツアー2017春〜℃elebration〜」
4月1日(土)、神奈川・ハーモニーホール座間からスタート。一般発売は今後発表。

詳しくはオフィシャルサイトへ

 


 

2017年1月5日 「℃-ute新春コンサート2017 ~℃OMPASS~」@中野サンプラザ

(研修生:一岡、高瀬、前田、川村)

M1 超WONDERFUL!
M2 世界一HAPPYな女の子
M3 僕らの輝き
M4 いざ、進め! Steady go!
M5 江戸の手毬唄Ⅱ
[MC①]
M6 愛はまるで静電気
M7 キャンパスライフ〜生まれてきてよかった〜
M8 EVERYDAY 絶好調!!
M9 青春ソング
[MC②]
M10 夢幻クライマックス
M11 涙も出ない 悲しくもない なんにもしたくない
M12 Crazy 完全な大人
M13 Kiss me 愛してる
M14 次の角を曲がれ
[MC③]
M15 Singing〜あの頃のように〜
M16 幸せの途中
M17 Love take it all
M18 アダムとイブのジレンマ
[MC④]
M19 ザ☆トレジャーボックス
M20 情熱エクスタシー
M21 Danceでバコーン!
M22 SHINES
〈アンコール〉
EN1 JUMP
EN2 アイアンハート
[MC⑤](お知らせ)
EN3 夢があるから

 


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 


 
1月28日「チャオ ベッラ チンクエッティ」のライブレポはコチラ⇒
2月4日「Juice=Juice」(NEXT YOU)のライブレポはコチラ⇒
2月13日「ハロプロ研修生」のライブレポはコチラ⇒
2月17日「こぶしファクトリー」のライブレポはコチラ⇒
2月24日「LoVendoЯ」のライブレポはコチラ⇒
3月9日「カントリー・ガールズ」のライブレポはコチラ⇒
3月20日「Hello! Project ひなフェス 2016」のライブレポはコチラ⇒
4月15日「アップアップガールズ(仮)」のライブレポはコチラ⇒
5月5日「ハロプロ研修生 春の公開実力診断テスト」のライブレポはコチラ⇒
5月6日「LoVendoЯ」のライブレポはコチラ⇒
5月30日「アンジュルム 田村芽実卒業スペシャル」のライブレポはコチラ⇒
5月31日「モーニング娘。’16 鈴木香音卒業スペシャル」のライブレポはコチラ⇒
6月20日「℃-uteツアーファイナル」のライブレポはコチラ⇒
6月30日「カントリー・ガールズ ツアーファイナル」のライブレポはコチラ⇒
7月3日「アップアップガールズ(仮)ツアーファイナル」のライブレポはコチラ⇒
8月2日「チャオ ベッラ チンクエッティ 10周年記念ライブ」のレポはコチラ⇒
8月25日「Buono!@武道館」のレポはコチラ⇒
9月5日「℃-uteの日@武道館のレポはコチラ⇒
11月7日「Juice=Juice@武道館」のレポはコチラ⇒
11月8日「アップアップガールズ(仮)@武道館」のレポはコチラ⇒
12月5日「チャオベラ秋ツアーファイナル」のレポはコチラ⇒
12月12日「モーニング娘。’16ツアーファイナル@武道館」のレポはコチラ⇒
 
 

五戸美樹(ごのへ・みき)

生年月日:1986年4月9日
出身地:埼玉県
血液型:A型
 
【CHECK IT】
お茶の水女子大学文教育学部を卒業後、2009年にニッポン放送入社。アナウンサーとして「垣花正あなたとハッピー」中継レポーターや、ショウアップナイターなどの番組を担当し、2015年11月退職。2015年12月からエイベックス・マネジメント(株)に所属し、フリーアナウンサーとして活躍中。趣味はアイドル観賞(特にハロプロ)、野球・競馬観戦。特技はマラソン。

五戸美樹出演の「エクストリームBeauty」がTOKYO MXで16:30~17:00放送。スカパー!プレミアムサービス547ch・YouTube・ニコ生・AbemaTV FRESH!で16:30~17:30配信(17時までMXと同内容)。 https://goo.gl/qLRAD9いずれも毎週月曜日~水曜日。MC:伊倉愛美。

 
詳しくは五戸美樹オフィシャルサイト
五戸美樹Twitter
五戸美樹Facebook
五戸美樹ブログ